GoogleSEO

Google検索エンジンネットコンテンツへの集客を行う上で、もっとも重要なのが検索上位表示だといわれています。
コンテンツの内容によって多少の差はありますが、ほとんどの場合、アクセス総数の5割から7割以上が検索経由からの流入になることが多いでしょう。
調べ物をしていたり、何かを購入しようと考えているユーザーは、検索エンジンを利用して目的のサイトへとたどり着きます。
つまり狙った検索キーワードの検索結果で上位表示されることこそが、アクセスアップの重要ポイントとなるのです。
国内でもっとも高いシェアを誇っている検索エンジンは、Googleだといわれています。
適正なSEO対策によってサイトの集客力を高めるのなら、まずGoogleがどういった基準で検索順位を決定しているのか、という点を知る必要があるでしょう。

Googleはサイトの評価基準として、ユーザーファーストの概念を提示しています。
ユーザーが何を求めているのか、その点をもっとも重視して検索アルゴリズムを作り上げているのです。
ユーザーニーズは常に変化していくため、Googleのアルゴリズムも一定ではありません。
ユーザーファーストの概念に基づき、常にアルゴリズムのアップデートを繰り返しているのです。

ペンギン・アップデートでは、スパム行為や質の低いリンク等についてのチェックが行われます。
パンダ・アップデートはコンテンツの質についてのチェックを行うものであり、このアップデートによってリンク集等内容の薄いサイトの順位が低下する結果となりました。
フレッド・アップデートは過度のアドセンス広告を掲示しているサイトを、対象にしているといいます。

ペンギン・アップデートやパンダ・アップデート、そしてフレッド・アップデートという様々な手法によって、Googleはサイトの質を評価しているのです。

ユーザーニーズに対応した質の高いコンテンツを作り上げることこそが、もっとも重要なGoogleのSEO対策だといえます。
しかし内容に力を入れれば必ず狙った検索キーワードの検索結果で上位表示される、というわけではありません。
検索エンジンに対してわかかりやすくサイトの価値を提示し、判断してもらう必要があるのです。
何も対策をしていない状態では、良いコンテンツであっても埋もれてしまう可能性がが高いといえます。
アルゴリズムを理解した上でしっかり対策を行っていけば、サイトの価値を適正に評価してもらうことができるでしょう。