サテライトサイトによるSEO対策

サテライトサイトとは、メインとなるサイトへ集客を促すために作成されるサイトのことを指します。
メインのサイトと明確に関連しておらず、別のドメインで作成されたサイトのことを指すのが一般的です。

サテライトサイトは集客に非常に効果的な手法として、多くのサイト運営者に活用されています。
たとえばメインのサイトが化粧品を扱うサイトである場合、美容に関するサテライトサイトを作成し、そこからユーザーを誘導すれば成果が生じやすきくなるでしょう。
メインのサイトで扱うコンテンツに適合した属性のユーザーを誘導する、それがサテライトサイトの効果だといえます。
インターネットの特徴を活かした優れた顧客獲得方法だといえるでしょう。

直接的な集客効果があるだけでなく、SEO対策としても有用です。
質の高いサテライトサイトを作成し、そこからバックリンクをメインサイトへつなげていけば、SEOでもプラス効果をあげることができます。
SEO対策として運用していく場合、まず注意したいのがコンテンツの品質です。
ただ関連キーワードを散りばめただけ、というような内容の薄いサイトからバックリンクを貼ってしまうと、メインサイトの評価を下げてしまいかねません。

Googleはリンクの質を重視しており、スパム行為に対しては厳しく対応しています。
ただバックリンク増加だけを狙って内容のないサイトを乱発すれば、リンク先であるメインサイトにもペナルティが生じかねないのです。
一時的にはそれなりの評価を得ることができたとしても、ペンギン・アップデートの際にスパム行為と判断された場合、ペナルティによって検索順位が大きく下がる可能性があります。
Googleアルゴリズムのアップデートは頻繁に行われていますので、常に意識していなくてはなりません。
一度目のアップデートではスパムとみなされなくても、その後再度チェックされてペナルティを受けるかもしれないのです。

しっかりと内容を作り込み、相互運用性の高いサテライトサイトを作成すれば顧客獲得を促進しながらメインサイトの評価を高めていくことができます。
内容がしっかりしていれば、Googleから品質の低いサイトとみなされるリスクもありません。
バックリンク増加と顧客獲得、その2つを効率よく両立できる運用性の高いサテライトサイトを作ることができれば、サイトの評価と収益を大きく高めることができるでしょう。