バックリンクは人気の指標

ランキング現在Googleがもっとも重視しているといわれるバックリンクですが、かつてはほとんど影響がなかった時期もあるといいます。
常にユーザビリティを追求するGoogleは、テスト的にリンクを利用しない検索エンジンを提供したこともあるそうです。
しかしそのテストの結果、検索結果の質は著しく低下してしまったといいます。
インターネットはそもそもリンクによる繫がりで作り上げられているため、リンクを除外してしまうと適切な検索結果を表示できなくなる、という結果が明らかになりました。
そして現在、Googleの検索エンジンはインターネットの基本であるリンクを重要視した形で運用されるようになっています。

検索エンジンの存在意義は、ユーザーが目的としているサイトへの導線を作ることにあります。
ユーザーの知りたい・見たいという欲求にスムーズに応える、それが優れた検索エンジンの条件だといえるでしょう。
検索をしても目的のサイトを見つけることができなかったユーザーは、すぐにそのサービスを離れてしまいます。
検索したキーワードに即した良質サイトを上位表示する、それがGoogleの目指している検索エンジンなのです。

良質サイトをいかにして見つけるか、その手段の一つとして重視されているのがバックリンクということになります。
バックリンク数の多さ、そして質の高さなどを評価基準に据え、良質サイトを選び出しているのです。

バックリンクを重要視しているといっても、バックリンク数が多ければそれだけで上位表示される、というわけではありません。
あくまでも評価基準の一つであり、上位表示のためにはコンテンツの質が伴っていることが不可欠となります。
とはいえバックリンクによる影響の大きさは無視できるものではありません。
いかにして良質なバックリンクを集めるかということが、現代のSEO対策では一番重要視されています。
バックリンクの重要性に気がついたら、次に知りたいと感じるポイントは「良質なバックリンクとはどういったものか」という部分でしょう。
低品質なリンクはむしろ悪影響を及ぼす恐れさえあるのですから、この部分は非常に重要です。
Googleが何を基準としてバックリンクの質を評価しているのか、というポイントを抑えた上で対策をしていくことが大切だといえます。
良質なバックリンクとはどんなものなのか、その点を知った上でSEO対策を行っていきましょう。