バックリンクを精査するテクニック

評価の高いサイトからのバックリンクは検索順位に良い影響を与えてくれますが、低品質なサイトからのリンクはむしろ逆効果です。
意図的なものでは無いにせよ、悪質なバックリンクが多く集まってしまうとペナルティを受けてしまいかねません。
このため被リンクを定期的にチェックし、問題のあるバックリンクが存在していないかどうかを確認する必要があります。
もっとも一般的なリンク精査方法はGoogle Search Consoleを用いることでしょう。
Google Search Consoleには検索トラフィックという項目があり、サイト内の各ページへの外部リンクを確認できるようになっています。
リンク元である外部サイトのアドレスが一覧表示されていますので、そのリンク先をチェックして問題のあるサイトがないかどうかを確認するという流れです。

悪質なバックリンクの代表的なものとして、コピーコンテンツが挙げられます。
自動生成ツールを用いてサイトにアクセスを行い、コンテンツを丸ごとコピーしたサイトを作るといった悪質な行為が存在しているのです。
本来、コピーコンテンツはGoogleから低評価されペナルティを受けることになるはずですが、必ずしもそうなるとは限りません。
確率は低いですが、最悪の場合大元のサイトが重複コンテンツとみなされる可能性もあるのです。
もしもトラフィック内に自動生成ツールからのバックリンクが存在しているようなら、早めに対処を行う必要があります。

また一昔前には一般的なSEO対策とされていた相互リンクも、現在はあまり好ましくないバックリンクとされています。
バックリンク内に相互リンクが残っている場合は、解除していったほうが良いでしょう。
バックリンクの品質をチェックし、最適化していくことがサイトの評価向上へとつながります。

Google Search Consoleよりもさらに詳しくリンクを精査したいという場合、サードパーティツールを使うのがおすすめです。
リンク精査のサードパーティツールとして代表的なものに、マジェスティックSEOがあります。
マジェスティックSEOはバックリンクを詳細にチェックできるだけでなく、競合サイトの調査も行うことができる優れたツールです。
様々な機能を備えているため、Google Search Consoleを用いた一般的なリンク精査方法よりもさらに詳しく情報分析を行うことができます。