不審なバックリンクを見つけたら

もしもトラフィックを確認し、コピーコンテンツやスパムなど不審なバックリンクを発見した場合には、どのような対処をするべきでしょうか。
相互リンクの状態を解消するためには自サイトからリンク削除を行えば良いですが、外部から一方的に貼られた悪質なリンクには、自サイト上から対処することができません。
Google Search Consoleには、そういった場合に活用できる便利なリンク否認ツールが用意されています。

Google Search Consoleのリンク否認ツールを使うためには、まず否認リンクテキストを作成する必要があります。
リンク元をチェックし、不正リンクや悪質サイトを発見したらリストを作成しておきましょう。
すべてのリンクを精査し、悪質サイトと不正リンクをピックアップしたら、テキストファイルのアップロードを行います。

この際、注意したいのが一つのアドレスにつき一行ごとに改行するという点です。
改行せず並べてしまうとツールが正常に動作しない可能性があります。
基本的に指定したアドレスそのものを対象としているため、ドメイン全体を拒否したい場合には、domain:の記載が必要です。
またサブドメインやhttpsの有無によっても対象が異なってくるため、ミスがないようしっかりとチェックを行ってからアップロードしましょう。

Google Search Consoleやサードパーティツールを用いた調査方法でバックリンクを精査し、不審なものを見つけらリンク否認ツールでリンク削除をする、というのが一連の流れになります。
否認されたバックリンクは無効化されるため、SEOに悪影響を及ぼすことはありません。

このツールを用いたリンクの否認は非常に強い効果を持っているため、誤ったアドレスを送信していないかよくチェックすることが大切です。
Googleのガイドラインでも、否認ツールは最終的な手段として案内されており、基本的にはリンク削除による対応が勧められています。
明確なスパムや自動生成ツール等に対して否認ツールを使用するほかありませんが、可能であればリンク削除の要請を行ったほうが良いでしょう。

リンク否認ツールによってバックリンクが正常に無効化されたかどうかを、確認する調査方法は今の所存在していません。
トラフィック情報上にも否認したバックリンクが残ってしまうため、検索順位等から間接的に判断することになります。