大切なのはバックリンクの自然さ

Googleがどんな基準でサイトを評価しているのか、という点は常に研究され対策されています。
バックリンクの重要性が注目され始めた時期には、数多くリンクを集めるというSEO対策が行われました。
コンテンツの質よりもリンク集めに集中するサイト運営者が増えた結果、内容の薄いサイトが量産された時期もあったといいます。

現在、リンクは数よりも質の方が重要であることが明らかになり、そうしたSEO対策はほとんど意味をなさなくなっています。
ただリンクを集めただけのサイトが上位表示されるようでは、ユーザビリティが良いとはいえません。
ユーザビリティを重視するGoogleは、サイトの質を適切に判断するため、自然なバックリンクを評価するようになっていったのです。

自然なバックリンクとは、SEO対策として意図的に貼られたものではなく、ナチュラルな形でサイトへ誘導するリンクのことを指します。
どういったサイトに自然なリンクが集まりやすいのかというと、それはユーザーにとって役立つサイトです。
自分のニーズに応えるページを見つけたユーザーは、他の人にその内容を紹介したくなるものです。
自サイトやブログ等にリンクを貼り、有益な情報へのの誘導を行う人も多いでしょう。

高品質なサイト、また専門的な内容のコンテンツなども自然リンクが集まりやすくなる傾向です。
サイトデザインが整理されており見やすい、安心感が持てるというのも重要なポイントだといえます。
見辛いサイトや印象の良くないデザイン、整理されていなくどこに何のコンテンツがあるのかわからないサイトには、リンクが集まりません。
SNS等を通じて一時的にトラフィックが増加することもありますが、通常SNSサービスからのリンクはnofollowとなっています。
つまり話題性の高い内容で一時的に「バスる」ようなことがあっても、検索順位には大きく影響しないと考えられるでしょう。
検索上位に表示されるためには、一時的な話題性を追うよりも専門的で高品質なコンテンツを積み上げていくことが重要だといえます。

ユーザーのニーズに応える役立つサイトを検索上位に表示することが、Googleの目的です。
その目的に合わせた形でサイトコンテンツを作り、ごく自然な形でバックリンクを収集することが最大のSEO対策だといえます。
しかし立ち上げたばかりのサイトにはアクセスが集まりにくいため、どんなに高品質であってもなかなかバックリンクを貼られることがありません。
そこで重要となるのがサテライトサイトを利用したSEO対策です。