SEOに悪影響を与えるスパムリンクとは

ある程度の期間サイトを運営していると、必ずといって良いほど生じるのがスパムリンクです。
Googleガイドラインに違反した低品質コンテンツからのスパムリンクは、サイトのSEOに悪影響を及ぼしかねません。
スパムリンクによってペナルティを受けてしまうと、検索順位の低下など様々な問題が生じます。

GoogleガイドラインはWebページ(ブログ記事)の評価基準について、ユーザビリティの良さや公益・良識に沿った目的であることなど提示しています。
つまり公益・良識に沿わない内容の外部Webページ(ブログ記事)から貼られているバックリンクは、スパムリンクと判断される可能性があるのです。

スパムリンクに対する基本的な対処法は、リンク削除の要請とリンク否認ツールからの申請になります。
削除要請に相手方が応じてくれれば良いですが、スパムリンクは自動生成ツールによって作成されたページから貼られていたり、海外リンクであることも珍しくありません。
こうした場合、削除要請をすること自体が難しくなりますので、否認ツールを使って無効化するが一番スムーズでしょう。

低品質コンテンツからのリンクはサイトに悪影響をもたらす恐れがありますが、日々発生し続けるスパムに対し完全な対処を行うのは難しいのが現実です。
何度否認をしても再度不審な海外リンクが生じてしまう、といった場合もあるでしょう。

Googleはサイトを適正に評価するため様々なセーフガードを用意していますので、多少バックリンクに不審な内容があったとしても即座に影響はありません。
もしも僅かなスパムによってサイトの評価が大きく左右されてしまうのなら、その仕組みを悪用して競合サイトの順位を下げるといった行為が可能になってしまいます。

あまり神経質になる必要はないかもしれませんが、それでも長く放置していればサイトが誤った判断を受ける可能性があるでしょう。
スパムリンクによって手動ペナルティを受けてしまうと、アップロード時に検索順位が大きく下がります。
万が一こうした行為で不利益を被ってしまったら、Googleで再審査リクエストを行うのが有効です。
再審査によってサイトがガイドラインに違反していないことが確認できれば、ペナルティは解除されます。
リンク否認ツールによる無効化や削除要請といった対処法をとり、外部の影響でサイトの価値が下がってしまわないよう、しっかり運営していきましょう。