SEO対策で重視すべきバックリンクとは

一言にSEO対策といっても、コンテンツSEOからHTMLまでその内容には様々な種類があります。
バックリンクのイメージその中でもっともGoogle検索順位に影響を与えるといわれているのがバックリンクです。
Googleが重視するバックリンクについて適切な対策を行っておくことが、検索順位対策の第一ステップだといえます。

バックリンクとは他のサイトから貼られているリンク、つまり被リンクのことを指します。
Googleの検索エンジンはサイト上のリンクを辿りながら記事内容をクロールしていき、ページの評価とインデックスを行っているのです。
アクセス流入元の大半が自然検索からであっても、そこにはバックリンクの質が大きく関わっています。

被リンクは多ければ多いほどよい、というような単純なものではありません。
どういったサイトからバックリンクを受けているかによって、評価が大きく変わっていきます。
良質な被リンクを集めているサイトはGoogleから高く評価され、悪質な被リンクが集まるサイトは順位を下げられてしまうのです。

まずバックリンクとして評価されるためには、外部Webサイトからのリンクであることが重要となります。
同じドメイン内から貼られているものは内部リンクと見なされるため、バックリンクとして扱われません。
またGoogleからスパム行為とみなされるようなものも、好影響を与えることはないでしょう。

外部Webサイトから行われているバックリンクの影響力を、リンクジュースといいます。
高いページランクを持つサイトからリンクを受けている場合、その先のサイトにも評価が影響していきます。
評価が影響していく流れを液体にたとえたものがリンクジュースです。
良質なリンクジュースを集めているサイトは、Googleから重要なサイトと判断されることになります。

トラフィックから流入元を確認すれば、自サイトへのリンクを確認することが出来るでしょう。
また競合サイトの被リンク数を確認できるツール等も公開されています。
アクセス数がなかなか伸びない、といった場合には競合サイトと自サイトの被リンク数を比較してみるのも良いでしょう。

ホームページのページランクを高めるためには、競合サイトに負けない良質なバックリンクを集めていくことが大切です。
検索順位の向上を目指すのなら、定期的にトラフィックを確認しリンクの質をチェックしておきましょう。